桐原のおばあちゃんて

長野電鉄桐原駅に近い県営住宅の道路に近い部屋に住んでいたのが、
とよの母親だった。
「来たよ、おばあちゃん!」と、
小雪の舞う中で、大声で呼んだ。
木製の扉を開けて、手招きしながら、
「よく来たねえ。さあお入り。」と笑顔でした。
早速、コタツにもぐりこんで、出されたお茶を飲む。
コタツのテーブルには、砂糖をまぶした紫蘇漬けの梅干。
ほかには、瓦煎餅が菓子鉢にあった。
その梅干は手間暇かけての自家製。
砂糖は子供のために用意していた。
会話は親戚やら東京での母親の生活、子育てだったのでしょうね。
柱にあった、
佐渡おけさの人形は羽子板のように見えた。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

和の心って

それはふるさとの表現です。
ふるさとは、山里、漁村。
毎日の生活を送りながら、
外来者にも、安堵をもたらす。
その余裕はありませんが、
みな同じと思うところかな。
困った人がいれば助ける。
それは、厳しい生活の余裕。
それあって、干し柿ができる。

Wa no kokoro tte

It means one’s old home.
It hometown would be mountain and fishing village.
While spent every day of life,
it brings relief even to visitor.
There is no such room,
but being run.
Trouble person to help it.
It is the margin from the harsh life.
There,
it is dried persimmon.

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

到着の長野駅って

国鉄と長野電鉄の駅は1Fで繋がってました。
円柱は駅がお寺のイメージでしたから。
つまり、円形の駅前広場から善光寺へ繋がってます。
2Fには日本食堂と言う、レストランは休憩所を兼ねていた。
親戚に電話をしたり、長旅のホッとした疲れの癒しですよね。
権堂、桐原、吉田には親戚の家があった。
迎えに来るのは当たり前で、
ハイヤー乗り場から親戚も加わって無事到着。
話は離れていた時間の分だけ長くなり、
子供は子供同士あたりで遊んだ。
絵はブログの始めの方に出してます。

What arrived Nagano Station

Station of JNR(Japanese National Railway) and Nagano Dentetsu had connected by 1F.
Cylinder the station was the temple of the image.
In other words,from a circular station square,
the road has straight led to the Zenkoji Temple.
Restaurant called Nihon Shokudo to 2F had also serves as a resting place.
Or a phone call to relatives,
is a healing place of the fatigue that was relieved of the long journey.
Gondo,Kirihara,and Yoshida,
there was a house of relatives in each station.
Relatives and usually come to pick,
also joined from Hyer the hall,
we arrived safely.
The conversation becomes longer by the amount of have the time away,
Children with each other,
were playing in the near location.
Picture has been put out towards the beginning of blog.

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | コメントをどうぞ

東大付属の庭先って

守衛所の下を潜り抜ければ、
虫たちの世界。
定期的にやってくる守衛の自転車には、
逃げ隠れするしかなかった。
捕まれば、退場。
暴力はなかったけど、次回が苦しかった。
校舎の一部が解体されれば、ターザンごっこの舞台。
水泳プールの4月はいかだ組みの練習。
溺れました。
水泳はできなかった小学校4年生。
何故なら、結核の疑いで体育の授業は見学のみでした。

What Todaifuzoku came with garden

If sneak through under the Gatehouse,
was the paradise of insect.
If a later guards to patrol on a regular basis bicycle,
there is no choice but to hide away.
If grabbed,
it is sent off.
But there was no violence,
was frightened from the next time.
If part of the school building is demolished,
the stage of Tarzan pretend.
Cold pool of April was the practice to partner the raft.
I was drowning.
Swimming was the elementary school fourth grade that could not be.
Because,
on suspicion of tuberculosis,
gym class was the position of observe.

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

十和田湖って

水の透明度の高い湖で有名な標高の高い火山湖でしょうか。
いろいろなエピソードが隠れています。
奥入瀬渓谷は水源がそこで、
幾重にも小さな滝が重なりながら、
斜面を下ります。
遊歩道の入り口あたりは、ブナ林。
明るい葉陰に日光は通過します。
快適なハイキング。
湖畔には洋式の建築物。
カナダ風でしょうか。
おもてなしの民宿でした。
絵は出してます。

Towada-ko

Is it high volcanic lake of the famous elevation at the lake
a high degree of transparency of the water.
Various episodes have hidden in there.
Oirase Valley has the lake and the water source.
Water is down the slopes of the mountain,
while over and over again a small waterfall is folding.
At the entrance of the promenade there is a beech forest.
Sunlight to bright under the leaves will pass.
Comfortable hiking were waiting.
The lake side seemed to Canada there is a western-style building(Log house).
It was the inn(Minsyuku) with hospitality.
Picture has been put out in the past.

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

急行信州号の記憶画像って

160821_1429_001

画像 | 投稿日: 投稿者: | コメントをどうぞ

信越本線の急行信州号の安中付近って

精錬工場が車窓左手に見えました。
その先には妙義山が覗えます。
まもなく、松井田そして、
横川の長い停車時間が待ってました。
碓氷峠越えのために、電気機関車が2両連結されます。

Near Annaka express Shnshu edition of Shinetsu line

Smelting factory was visible to the window left hand.
The ahead,will see the Myougi-san.
Soon,Matsuda,and,
long stopping time of Yokokawa Station were waiting.
Electric locomotives will be consolidated two-car
in order to climb the Usui pass.

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | コメントをどうぞ